静岡県産業廃棄物適正処理条例の一部改正

 やっと春めいて暖かくなってまいりました。

 4月1日より「静岡県産業廃棄物の適正な処理に関する条例」の一部改正が施行されております。内容は、廃棄物処理法にて認定された「優良産廃処理業者」に産業廃棄物の処理を委託した場合、排出事業者の皆様に課せられる下記の義務二つが不要となる点です。


 ① 実地確認(処理を委託した際に、委託先の処理業者の処理状況を直接、実地にて

       確認する)


 ② 県外から産業廃棄物を搬入する際の事前協議


上記①に関しましては、優良業者はインターネット等により情報公開していますので、現地に赴かなくても排出事業者様のパソコン等にて公開情報をご確認いただければ大丈夫です。また、②に関しましては、静岡県外からの産業廃棄物を処理するために静岡県内の処理業者に委託する場合は、静岡県との事前協議が必要でしたが、委託する業者が「優良産廃処理業者」の場合は、事前協議が不要となります。これは事務手続き上、大変な省力化です。排出事業者様が「優良産廃処理業者」を委託先として選択される場合の大きなメリットの一つになるかと思われます。

 ちなみに、弊社も「優良産廃処理業者」として認定されておりますので、排出事業者の皆様には上記メリットをご利用いただけます。ご不明点がございましたら、弊社営業担当までお問い合わせください。