熱中症

 今年も暑い季節がやって参りました。すでに酷暑の様相で、屋外で作業されている方々にとっては非常に厳しい気候で御座います。かくいう弊社も屋外作業がメインであり、熱中症には特に注意が必要です。

 熱中症は、7月下旬から8月上旬の梅雨明け直後に特に多く、また梅雨の晴れ間で急に暑くなったときなどにも起こります。とくに熱中症による死亡災害は、7月がもっとも多くなっています。これは、体が暑さに慣れていないため、熱中症にかかりやすいだけでなく、かかったときのダメージが大きくなるものだと考えられます。

 熱中症対策については、各メディアなどから情報を入手することができます。特に環境省の熱中症予防情報サイトでは予防や対症のほか、全国の暑さ指数(WBGT)を実況しており、危険度をいち早く知ることが出来ます。このような情報を活用して暑い季節を上手に乗り切っていきましょう。