謹賀新年

 2016年は干支の組み合わせで言うと「丙申(ひのえさる、へいしん)」。「丙」も「申」も生命力が盛んで、どんどん成長してゆくという意味があるらしいです。ぜひ、そんな1年になってほしいものです。

 

 せっかくなので、「丙申」の年に生まれた歴史人物・起こった出来事を調べてみました。

 まずは有名どころで、豊臣秀吉。天文5年(1536)1月1日生まれとされています。猿と呼ばれた秀吉が申年というものも出来すぎだなと思っていたところ、これは「太閤記」などの創作によるもので、資料では天文6年2月6日となっているそうです。とりあえず今回は、「太閤記」を信じ、天文5年の丙申の生まれということにさせていただきます。

 幕末の人物としては、山岡鉄舟がいます。天保7年(1836)の生まれです。その器量は、西郷隆盛をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛させた、あの人物です。ちなみに、西暦で言えば坂本竜馬も1836年生まれなので申年のように思われますが、当時は旧暦、天保6年なので羊年という事になります。

 次に、1896年(明治29)8月27日には詩人・童話作家の宮沢賢治が生まれております。

この1896年(明治29)は、三陸大津波、信濃川の堤防決壊、陸羽地震など自然災害に悩まされた年だったそうです。2015年も色々な災害等ありましたが、今年は無い事を祈りたいです。そして、宮沢賢治といえば、「雨にも負けず風にも負けず雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫なからだをもち慾はなく決して怒らず、いつも静かに笑っている...」のフレーズです。そういう人に私もなりたいと思っています。

 更に、1956年(昭和31)ですが、日ソ共同宣言が成立し、日本が国際連合に加盟した年です。また、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市が初の政令指定都市に指定されております。

 廃棄物処理業務とは少し離れますが、申年の年頭に歴史等のことについてつぶやいてみました。

 

 本年も株式会社リサークを宜しくお願い申し上げます。

(営業課 庄司)