接客

 今回は、先日自分がレース観戦のために行ったサーキットで感じたことについて書きたいと思います。

 会場では、年に一度の人気のイベントという事もありかなりの人数の来場者があり、そのため多数の露店が出店されていました。中でも飲食店の数はすごいのですが、お昼時になると各店舗ともかなりの賑わいを見せます。そんな状態なので、お客様は特に呼び込まなくてもどんどん来店し、かなり混雑します。自分はそんな混雑が嫌いで、あえて人が少なくなった時間帯にお店に行って食べ物を購入するのですが、今回行ったお店で少し不愉快な思いをしました。

 そのお店ではメニューの品名を「○○の入った○○ちまき」みたいな感じの長い名前にしていたのですが、自分が注文するときそのままその長い名前で注文したら、店員がうまく聞き取れなかったようで「は?なんですか?」と聞き返してきたのですが、そのときの態度がすごく横柄に感じたのです。お店が繁昌しているため、お客様への対応が雑になっているのでしょうか?混雑時は気がつきにくいですが、人が少なくなったときにそのような対応をされると目についてしまいます。自分も仕事で接客をすることがある為、他業種でも来客の対応は気になります。そして、対応の悪さを見ると気分が悪くなります。

 お店が繁昌してくると、それを当然の事と感じはじめ、知らないうちに態度が横柄になってきたりします。最初の頃持っていた謙虚な気持ちが薄れるからなのでしょうが、そんな状態を続けるとお客様も次第に離れて行ってしまうのではないでしょうか?(実際、自分はその後そのお店には行きませんでした)

 同じことが自分の仕事についても言えると思います。今はお客様が多数来社してくれていますが、その現状に胡坐をかかずに、初心を忘れることなく、日々の業務を遂行していきたいと今回の出来事を踏まえて考えました。

 

(総務課 岩間)