2018 サッカー・ワールドカップ ロシア

 サッカー・ワールドカップの日本における経済効果は2兆円説が一般的だそうです(電通総研他調べ)。この中には競技場建設費、大会運営費、観客関連消費等の「直接需要」に加え、広告費、家庭での観戦関連消費等があるようです。

 この他に期待されるのが「日本代表活躍効果」ではないでしょうか。日本代表が勝ち進めば「消費を増加させる」と思う人が2割いるという調査結果もあり、この派生需要が800億円強、さらには「興奮のあまりのどが渇く」という需要も無視できないところ。日本代表には、「消費刺激」という重大な責務が負わされていると考えると、少々可哀想な気もしないではないですね。

 がんばれ 日本!!

(営業 庄司)