有給休暇取得義務化

 今月より年号が新たに「令和」になりました。昭和から平成に変わった時も違和感がありましたが、今回もおよそ1カ月過ぎようとしていますが、なかなか慣れないものですね。

 さて、4月1日から「有給休暇の取得」が義務化されることをご存じでしょうか? 年間10日以上の有休があるすべての労働者に対して、使用者は年間最低5日の有給休暇の取得をさせる義務があるという法律改正です。対象者は「正社員」だけではなく。条件を満たしている「契約社員」・「パート、アルバイト」も含まれています。労働者側からするとメリットはありますが、使用者側(管理者)からすると、従業員全員に5日/年の有給休暇取得義務化を考えると、時期が重ならないようにする等の頭が痛い部分もありますよね・・・また、前記の義務化には罰則規定もありますので、注意が必要と思われます。

 年次有給休暇の取得は、労働者の心身の疲労の回復・生産性の向上など、労働者・会社双方にとってメリットがありますので、「使用者からの時季指定」を考慮してもらい、社員との話し合いのもと、繁忙期を避け閑散期などに割り当てる準備を進める必要性もあると思います。

                            (統括 鈴木)