石綿含有建材

 石綿(アスベスト)の飛散による健康被害(中皮腫等)については,社会的に強い関心が寄せられており,建築物等の解体等工事にあたっては,労働安全衛生法・大気汚染防止法の規定により、事前に吹付け石綿・石綿を含有する断熱材・同保温材及び同耐火被覆材の有無を調査することが義務付けられ,また,石綿含有仕上塗材(吹付け工法)が解体等工事時に届出対象となることが明確化されるなど,石綿の飛散防止対策が強化されています。

 石綿の存在が見落とされた解体工事が行われると、石綿が飛散するおそれがあり,工事関係者や周辺住民への健康被害が懸念されます。

 弊社ではこの問題に対して以下のように取り組んでおります。

 (1)石綿の事前調査を実施すること。

 (2)事前調査結果を解体等工事の発注者(施主)に対して書面で説明すること。

 (3)事前調査結果を解体等工事現場に掲示すること。

 (4)届出対象工事(※)に該当する場合は,作業基準を遵守すること。

 

 様々な構造物がありますので、多種多様な工法の検討及び調査を行い、安心・安全を心掛け、工事に対応させていただきますのでよろしくお願いいたします。

(営業部 庄司)